2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2006.05.05 (Fri)

台湾の避難先たるパラグアイ!

アップアップのニッポン!
 
前回も書いたように日本が息苦しくなったら
「おいでよパラグアイ!」とちょい、誘い水を向けた
のだが、何でも昨今の日本は、随分、
格差社会が広がっているようで僕らも
心を痛めているのでございます。
 
こんなデータがありました。

▼貯蓄ゼロ世帯は80年代の4%から05年に23.8%
▼生活保護世帯は01年81万世帯から05年に104万世帯
▼正社員は94年~04年の10年間で400万人減、
非正社員は600万人増(女性の非正社員は50.7%)
▼非正社員の37.2%は月給10万円以下
▼長期滞納で国民健康保険が使えない無保険者は4年間で
3倍の30万世帯――
 昨年のNHKの世論調査でも、7割の人が「格差が広がった」
と答えていますね。

競争社会を煽る日本が後追い自殺、じゃなかった師匠と
仰ぐアメリカにもこんなデータがある。

米国の国勢調査局報告(04年度)によると、
国民の12.7%、人数にして3700万人が貧困ライン以下の
生活を強いられている。
しかも前年度比で110万人も増加。
医療保険未加入率も15.7%で、4580万人、
5人に1人はまともに医療を受けられないでいる。

こういう師匠たるアメリカの現実のデータをみると
やはり、後追い自殺へと突っ走っているのでございましょうか?


気の合う友人同士でイグアスに別荘を!

ーとまぁ~、前振りが理屈っぽくなりましたが、
早い話が南米のハート、臍、パラグアイのイグアス移住地に
芸術家や匠の親爺たちが集まる里というかヴィラを作りたいな~!

ということです。

これからもっともっと具体的な青写真を描かねばならないが、
このヴィラの入居者は何も永住する必要はない。

1、2年でもロングステイして、土をこねて、ろくろを回して
竃で陶器を焼いたり、木工家具を作ったり気ままに生活しながら
パラグアイ人に技術移転していければグ~だよね~。

絵図面が出来たら賛同者を募ろうと思うのだが、1口当りの
出資金は50万円とし、気の合った仲間と1軒の住まいを共有
する。

「俺の別荘がパラグアイにあるから何カ月でも遊びに行ってこいよ」
とか、さり気なく誰彼となく吹聴するのも気分がヨカでしょう。

パラグアイ5月、晩秋…。
ショパンのノクターンにグラス傾ける今日この頃、
美味しいコーヒー飲んでいますか?


台湾の避難先としてのパラグアイ

明日5月5日、台湾の総統が来パする。

台湾はアスンシオンの対岸に第2アスンシオンを作ろうとの構想を
数年前から掲げている。

何れにしろここ数年の内に台湾は中国に併合されるだろう。
そのための避難先がこのパラグアイなんですね。

台湾が落ちれば、朝鮮半島、日本も否応無しに飲み込まれるで
ございましょう。

これまで日本の及び腰外交で中国は東シナ海を
実質上支配してしまった。
台湾海峡も台湾南方のバシー海峡もまさに風前の灯火、
ヤバイ…!。

さてお立ち会い、忘れられちゃ~イヤヨ!

西沙諸島(70年代)も南沙諸島(80年代)も既に
中国の手に落ちている。

既に南シナ海は中国が実効支配してるのでございます。

食糧資源を海外に依存する日本のシーレーン危うし!
ジャンジャン!



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : 南米 - ジャンル : 海外情報

タグ : アップアップのニッポン ロングステイ 台湾の避難先としてのパラグアイ イグアス

14:22  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |