FC2ブログ
2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2018.10.28 (Sun)

けっこう弾けた人生だったな…

中々、イグアスに行けない…。

息子の店「響」の手伝いに週末の金、土、日の夜に行っている。

孫の伶ちゃん(男の子・ダニエル)の子守だ。
11月1日で満1歳になる。
夜の営業時間中(19時~23時)、
息子夫婦が店で働いている間、
台所脇の1m余四方の囲い枠に入れている。

これはカミさんの知り合いが寄贈してくれたものだ。
ボクは、この横に椅子を置いて見守っている。

ボクの顔を見ると最近、抱っこをせがんで甘える。
この抱っこが問題で腕は疲れるは、肩は凝るは、で大変だ。
機嫌が良い時は、何の問題もないのだが、一旦愚図ったら
もうママにバトンタッチするしかない。

今、これを書いているのは10月28日(日)朝6時だ。
昨夜は、疲れて午前零時にベッドに入ったのだが、
4時にトイレに行った後、眠れずウツラウツラ
来し方が頭に去来して眠れなくなったので起き出して
チンタラ駄文をつらねている。

何となく記憶に残っているのは、

小学校時代=同級生と、取っ組み合いの喧嘩、何件か。

中学時代=鉄棒の大車輪で落っこちて顔が赤剥けた。
        1年下級生の自転車屋の娘に初恋。
        サッカーとラグビーの掛け持ちで汗を流した。
        
高校時代=ラグビー一筋

大学時代=授業には出ず、ラグビー三昧。中退。

大分のバブル的青春時代=大分バス工場、観光社、別大土地
                  「頭は私の方が良いけど、
                  哲学的な面ではあなたの方が深い」

パラグアイ編=イパカライ、新聞社創立、参院選立候補         














ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


スポンサーサイト
04:27  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.10.11 (Thu)

アセロラの実がついてきた。

前庭のアセロラの実がまたチラホラ…。

最盛期になると毎朝落ちた実の掃除に精を出すことになる。

このアセロラの樹はもう10年余も前になるだろうか、
知人が譲ってくれたものだ。

建物から道路に向かって右側の壁際にアセロラがあり、
反対側の左側にレモンの樹がある。
どちらも2階の窓の半分の高さまでに成長している。

樹木は植えるとあっと言う間に大きく育つ。
道路際には桜と梅の苗木も直植えした。
今は1m程度の大きさだがこれも大きく成長するだろう。

ぼくの朝の楽しみは小さな前庭の薔薇や躑躅(つつじ)などを
小1時間余りボケーっと眺めることだ。

まさに是好日…の極みだ。


















ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


08:58  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.08.17 (Fri)

1957年大分舞鶴高校ラグビー花園初出場!

花園初出場は遥か大昔のことだ!


高校野球甲子園大会で
金足農高が活躍しているのを見て
大昔、花園で同校とラグビーで対戦したことを思い出した。

大分舞鶴高校ラグビー部が花園に初出場したのは、
1957年、ボクが2年生の時だった。

ネットでその記録を検索したら
全国大会への初出場を決めたのは1957年度(第36回)で
この時は1回戦で奥羽代表の金足農に15対0で敗れている。
今でもその時タックルした同校選手のゴツイ体躯の
感触が肩にニブク残っている。


ボク等が花園に初出場して以来、大分舞鶴高校は
花園の常連校になった。

母校が初めて決勝に進出したのは1974年度だ。

この時は
前年度優勝校として出た目黒に19対8で敗れている。
初優勝を果たしたのは1975年度で
この時は京滋代表の花園を14対8で破った。

その後1987年度から現在に至るまで連続出場を続けている
強豪校となっている。







ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


10:38  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.08.17 (Fri)

二歳児救出 小畠師匠!

たった一人のおっさんに手柄を奪われた県警!


 山口・周防大島町の山中で行方不明だった
藤本理稀(よしき)ちゃん(2)を15日に救出し、
大きな注目を集めたボランティアの尾畠春夫さん(78)。

この小畠さん
大分の人だ!

 尾畠さんは15日夜、車で山口を出発し、
高速を使わず6時間半かけて
大分・日出町(ひじまち)の自宅に帰宅したという。

頭に巻いたトレードマークの赤いタオルについて
「趣味が登山」と答え、
遭難や動物対策の目的で習慣的に
身につけるようになったことを明かした。

 65歳で鮮魚店をたたみ、ボランティアに専念する理由は
「社会への恩返し」。被災地などで迷惑をかけないよう、
水や食料などは全て持参するなどと語った。

18日には豪雨被害を受けた広島・呉市へ向かうという。

 一方、理稀ちゃんはこの日朝、入院先の病院で出された
朝食のおかゆやスイカを残さず食べた。
起き上がって話すなど元気な様子で、
1週間程度で退院できる見込みだという。


おっさんを見習え!
県警消防のべ380人、発見できず

 山口県周防大島町で15日朝に無事発見された
藤本理稀(よしき)ちゃん(2)=山口県防府市=が
行方不明になった12日から発見前日の14日までの3日間、
山口県警と地元消防は延べ約380人で捜索にあたったが、
発見に至らなかった。

不明男児発見の尾畠さんとは 過去の災害でも活躍
「理稀ちゃん沢にいると思った」発見の尾畠さん一問一答

 県警柳井署が山口県周防大島町役場を通じて行方不明の
通報を受けたのは12日午前11時半。
90人態勢で、理稀ちゃんが最後に目撃された
曽祖父宅近くを中心に捜索。

140人態勢を組んだ13日は、ため池や側溝、古井戸、
空き家などに重点を置いた。ヘリコプターや、
体温を感知するセンサーが付いたドローンを使い、
上空からも捜した。

 14日になって、集落の周囲のすべての山を捜索範囲に加え、
数十人ずつの捜索班に山を割り振った。

発見現場の一帯も捜したが、手がかりは得られなかったという。

 柳井署の道下斉亮副署長は、理稀ちゃんの年齢を考え、
まずは近くの井戸など事故に巻き込まれそうな場所を
中心に捜索したと説明。山中も捜したが「かなり広大で、
すべての場所を綿密に見ることができたかは分からない」といい、
「『一刻も早く見つけてあげたい』という一心で捜したが、
結果的に見つけることができなかったのは残念」と話した。

ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


09:30  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.08.05 (Sun)

美味しい珈琲のようなドラマ 「琥珀」


何だかフランス映画を思い出した
テレビドラマ「琥珀」
主演は西田敏行/寺尾聡/鈴木京香だ。

さしづめ西田敏行はジャン・ギャバンといったところか…。
原作が浅田次郎とくれば、
こってりと人情味をちりばめたニクイドラマだ。

先日見た「風のガーデン」も良かった。
緒方拳が枯れた渋い演技を見せてくれた。

主演が中井貴一、黒木メイサ、神木隆之介だ。

中でも自閉症児の役を演じた
神木隆之介が秀逸の演技だった。

いいドラマは美味しい珈琲を味わった余韻が残る。












ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


22:28  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。